知っているようで知らない人間ドックの「本当に」賢い選び方、とことん説明します!

人間ドック?

ああ、自分には関係ないよ。
毎年会社で健康診断を受けているし、何の異常も指摘されていないし。
別に体調が悪いとか、そういうこともないから人間ドックなんて受けなくて大丈夫!

なんて思っていませんか?

あなたのその考え、このページをお読みいただけばとんでもない「勘違い」だと言うことに気付くでしょう。

本サイトには、なぜ人間ドックが必要なのか、なぜ健康診断だけでは不十分なのか、そして人間ドックを受けるならどのようにして選んでいけば良いのか、オススメの人間ドック施設、人間ドックに関連するお役立ち情報などが網羅されています。

自分には関係ない、と思っているあなたにこそ必要な情報なんです。
是非とも最後まで目を通してくださいね!

なぜ健康診断だけでは不十分なのか?

特に自覚症状もなく、体調も悪くない。
食事もおいしいし、仕事も楽しい。
日々の生活に何の不安もないのに、健康診断以外に人間ドックなんて本当に必要なの?

そう思っている人も少なくないかもしれません。
私の友人も、ほとんどが上記のような考え方をしてますので、世の中全体でもこのように考える人って多いのではないでしょうか?

自営業の方や主婦など、定期的な健康診断すら受けていない方も結構多い状況なので、企業に勤めている方が1年に1回健康診断を受けているだけで安心してしまう気持ちも分からないではないですが、それでもあえて言います。健康診断だけでは不十分です。

その理由については、まず健康診断と人間ドックの違いについて知る必要があります。

人間ドックと健康診断の違い

この違い、意外と知らない人が多いです。
まずはそこのところを、しっかりと理解しましょう。
人間ドックも健康診断も、健康な人が受けるものであり、病気の人のためのものではありません。
病気であることを自覚している人は、迷わず自覚症状に見合う診療科を受診しましょう。

健康な人が健康な状態を維持・増進するために、定期的に自分自身の健康状態をチェックする。
という意味では健康診断も人間ドックも大きな目的は変わりません。
では、その違いは何なんでしょうか?

その違いは、健康診断はおもに「日ごろの生活習慣の見直し」であるのに対し、人間ドックは「自覚症状のない病気の早期発見」であるということ。
この目的の違いにより、受ける検査項目の数が大きく異なります。

以下のトピックに、健康診断と人間ドックの違いについてまとめていますので、参考にしてみてください。

【参考記事】
人間ドックって本当に必要?健康診断と何が違うの?

知っているようで知らない、人間ドックの選び方

さて、人間ドックは受けておいた方が良さそうだ、ということが理解できたところで、次に出てくるのは数ある人間ドックの中から何を選んだら良いのか、ということでしょう。

・どこで受けたらいい?
・どんな検査を選べばいい?
・どのくらい費用がかかるの?

などなど、いざ選ぼうとすると様々なギモンがたくさん出てきますよね。
人間ドックなんて、どこで受けたって同じでしょ?
なんて思っている人に、ちゃんと調べてみるとこんなに違いがあるんだ、ということを知ってもらいたいと思います。
というわけで、知っているようで知らない人間ドックの賢い選び方を紹介していきます。

場所(エリア)で選ぶ

人間ドックを受けようとすると、それこそ星の数ほどの人間ドッククリニックが存在します。
その中からどうやってあなたにぴったりのクリニックを選んだら良いのか?

まず最初に考えるのは「どこで受けようか」ということではないでしょう。

自宅の近くに良いクリニックがあるなら、行きやすさという点ではベストな選択になるでしょうが、自宅近くにそうしたクリニックがない場合には、「行きやすさ」という視点からいくつかの選び方が考えられます。

会社にお勤めの方なら、会社の近く、もしくは通勤途中にあるクリニックを選ぶことで、検査後にそのまま仕事に行けるため便利です。
また、自宅からの交通機関(電車・バス・自家用車)を考えて選ぶ方法もあります。
たとえば、駅から徒歩1分のクリニックは一見、行きやすそうですが、あなたの自宅から行く場合にまず近くのバス停まで歩いて5分、バスで駅まで15分、クリニックのある駅まで乗り換え3回で40分・・・これってちっとも行きやすくないですよね(笑)
これに比べて、駅からは徒歩20分もかかるクリニックでも、あなたの自宅からならバス1本でクリニック近くのバス停まで行けるとしたら、これはあなたにとってはとてもアクセスが良いですよね。

あなたがそのクリニックに行く際の行きやすさをしっかりと考える必要がある、ということを知っておきましょう。

★さっそくエリア別で探してみたい方はコチラ★
特選!都内のオススメ施設

検査内容で選ぶ

場所(行きやすさ)という選択肢は確かに重要ですが、受けられる検査項目はクリニックによって大きく異なりますので、その辺もしっかりと確認しておく必要があります。
通常の人間ドックなら、どこで受けても検査項目には大きな違いはないだろうとお考えでしょうが、実はそうでもないんです。クリニックによって結構違いがあります。

この違いは、人間ドックの検査項目は各クリニックが自由に決めて良いためによるものです。
とはいうものの、人間ドック学会が認める検査項目に則って検査項目を決めているクリニックが多いため、一般的な人間ドックに関してはそう大きな違いはないのが現状と言えます。

最近のクリニックは、他施設との差別化を図るため、さまざまなコース設定をしているのが目立ちます。
たとえば、病院併設のクリニックでは、その病院の診療科の特長を生かし、脳神経外科であれば脳ドックを加えたコース設定をしたりとか、レディースクリニックでは婦人科検診の項目を充実させたレディースドックを設定したりしているクリニックも多くあります。

こうした検査項目を加えることで、通常の人間ドックだけでは分からない、体の状況がより正確に把握できるようになります。
代表的な検査項目について、それぞれのトピックで詳しく説明していますので参考にしてみてくださいね。

【参考記事】
人間ドックを受けると、何が分かるの?
胃検診|バリウム、内視鏡、ABC検査、どれを選ぶべき?
人間ドックだけでは不十分?各種オプション検査の賢い選択方法

以下の検査につきましては、単体で受診も出来ますし、人間ドックと併せて受診も出来ますが、それぞれの検査で何が分かるのか、どのような方が受診する必要があるのかを以下のトピックでまとめていますので、興味のあるトピックがありましたら読んでみてください。

【参考記事】
がん早期発見の切り札「PET検査」って、こんなに凄い!
積極的に受けたい「肺がん検診」の検査内容とは?
知っておきたい脳ドックの検査内容について
50歳を過ぎたら受けておきたい心臓ドック
乳がん検診|30歳になったら必ず受けたいその理由とは?
全女性必見!子宮がん検診についてちゃんと知っていますか?
意外と軽視されている「大腸がん検診」実際に受けてみて分かったこと
最新のがん検査「MR-PET」とは

受診する日で選ぶ

受ける場所(エリア)、検査項目から人間ドックを選んでも、いざ予約しようとしたらいっぱいで受けられない・・・
まだ予約が取れる日だと、会社の仕事が休めないのでムリ・・・
休みの日に受診出来ると良いのにな・・・

なんて思う人もいることでしょう。
クリニックによっては土曜日も受診OKというところが結構ありますし、中には日曜や祝日も受診出来るクリニックもありますから、そういうところを候補に探してみても良いかもしれません。

また、半日コースの場合、午前スタートか午後スタートか、日帰りか宿泊か、など、コースによって様々ですので、検査内容と合わせて検討すると良いでしょう。

施設(設備・サービスなど)で選ぶ

人間ドックを選ぶ際、意外と忘れがちですが、施設そのものをしっかりと調べるのは重要なポイントです。
たとえば、

1.雰囲気

いかにも昔ながらの病院の待合室、といった感じで照明も薄暗いクリニックだと、検査待ちの間の気分もどんよりとしてしまいますよね。些細なことのように思われがちですが、こうした部分はクリニック側の努力次第でどうにでも出来ること。
待合室の照明を明るくするとか、内装をきれいにするとか、受診者にとってより居心地の良い環境を用意しているクリニックは受診者思いの良いところが多いです。

2.外来と別フロア

病院の併設クリニックの場合、病院の診療科と入り口を分けるとか、健診フロアを専用にして外来と分けている等の工夫も調べておくべきポイントです。
これも受診者目線を持ったクリニックかどうかを見極めるのに重要です。

3.女性に対する配慮

女性にとって、これは重要なポイントでしょう。
女性専用のフロアを設けているとか、医師・スタッフを含め全員女性が対応するレディースデイがあるとか・・・
人間ドックの際には、女性も検査着に着替えての検査となりますので、待合室が男女別になっているだけでも検査を受ける際のリラックス感は格段に違ってきます。

4.検査設備

これは受けられる検査項目とも関係してきますが、どのような検査設備を持っているのかもチェックすべきポイントです。
たとえば大腸がん検診を受ける場合、大腸内視鏡(大腸カメラ)検査で調べるか、大腸3D-CTで調べるかで、受診者に対する負担は大きく違います。
何らかの自覚症状があるなら、直接カメラで確認できる大腸内視鏡検査を受けるべきでしょうが、あくまで人間ドックの一環として大腸も検査しておこう、ということなら、大腸3D-CT検査で異常の有無を知るだけでも良いかもしれません。その方が遙かにラクに検査出来ますから。
大腸3D-CTで何らかの異常が見つかったら大腸内視鏡を、という選択肢もありますので、そういう方法を希望する場合は大腸3D-CT検査が出来る設備を持った施設を探す必要があります。

費用で選ぶ

最後に、外せないのは費用です。
必要な検査に出費をケチるのはどうかと思いますが、それでも人間ドックは基本的には全額自己負担です。
通常の人間ドックでも4万円〜6万円、これに脳ドックを加えるとプラス2万円・・・
最新鋭のPET-CTがんドックに至っては、10万円を超えるクリニックも。

ただし、補助金が受けられるケースもありますし、状況によっては医療費控除を受けられるケースもありますので、その辺についても調べてみる必要があります。

補助金、医療費控除については以下のトピックに詳しく説明していますので、ご参考にしてください。

【参考記事】
人間ドックにかかる費用は?補助金は受けられる?
人間ドックって、医療費控除の対象?

まとめ

いかがでしたか? 人間ドックを賢く選ぶには以下の項目を検討する必要があります。

・場所(エリア)
・検査内容
・受ける日
・受ける施設
・費用

もちろん、すべてを満足するクリニックが見つかるわけではないかもしれませんが、あなたのニーズにより近いクリニックを絞り込むために重要なことですので、是非ともしっかりと比較検討してみてくださいね。

ブックマークのすすめ

当サイトでは、あなたに最適な人間ドックを選ぶために必要な情報を「これでもか!」と詰め込みました。
一気に読み切れないボリュームですから、「お気に入り」や「ブックマーク」に入れていただき、繰り返しお読みいただければ幸いです。

 

都内のオススメ人間ドック

検査の種類

人間ドックの選び方

  1. 脳ドックのオススメクリニックBEST5
  2. 都内で心臓ドックを受けてみたいクリニック5選
  3. 【実際に受けてみた】人間ドック体験レポート!
  4. 胃検診:バリウム、内視鏡、ABC検査、どれを選ぶべき?
  5. 人間ドック予約サイト「ここカラダ」で実際に予約してみた!

スポンサードリンク

人間ドックの基礎知識

  1. 特選!都内のオススメ施設

    渋谷区で安心して受けられる人間ドック3選
  2. 特選!都内のオススメ施設

    北多摩エリアのオススメ人間ドッククリニック3選
  3. 検査の種類

    積極的に受けたい「肺がん検診」の検査内容とは?
  4. 特選!都内のオススメ施設

    大田区で人間ドックを受けるなら→オススメ施設BEST3
  5. 特選!都内のオススメ施設

    東京下町で人間ドック|江東区・江戸川区・葛飾区
PAGE TOP