検査の種類

全女性必見!子宮がん検診についてちゃんと知っていますか?

女性特有の器官である子宮。
そして病気のリスクもとても高い子宮ですが、中でも怖いのはやっぱり子宮がんですよね。
今回は、子宮がんと子宮がん検診について詳しく説明していきます。
すべての女性にしっかりと読んでいただきたい記事ですので、最後までお付き合いくださいね。

子宮がんの種類

子宮がんとひと言で言っても、実は2種類に分けられます。
子宮頸がんと子宮体がんです。
この違いをまずはしっかりと理解していきましょう。

子宮頸がん

子宮頸がんは膣の奥、子宮の入り口(子宮頸部)に出来るがんのことを指します。

子宮体がん

子宮体がんは子宮のさらに奥、妊娠すると赤ちゃんが成長する場所(子宮体部)に出来るがんのことを指します。

それぞれに原因、症状も違ってきますので、順番に説明していきますね。

子宮頸がんについてもっと知る

女性に最も多いがんと言えば乳がんですが、子宮がんもそれに匹敵するくらい増えてきています。
特に子宮頸がんに関しては、20代〜30代の若い世代では非常に多く、注意を要します。

子宮頸がんの原因

子宮がんは、HPV(ヒトパピローマウィルス)の感染によって引き起こされます。
HPVは性行為により感染しますので、性行為の経験のある方にはリスクがあると言うことになります。
ただし、HPVというのはとても一般的なもので、性交経験者の約80%が一生に一度は感染すると言われるくらい誰でも感染しているんです。
ほとんどの場合は感染しても自然に淘汰されてしまいますので心配はいりませんが、そのうちの一部ががん化していきます。

定期健診で早期発見

子宮頸がんについては、HPV感染も含め、定期的な健診を受けることで早期発見が可能です。
早期発見が出来れば子宮を温存した治療も出来ますので、是非とも若いうちから定期的な検診の受診をお勧めします。
特に性交経験がある方は、若くても過信せず健診を受けるべきです。
検診は細胞診といって、先端に綿の付いた細い棒状の器具を子宮頸部に挿入し、粘膜をこするようにして細胞を採取します。
これを検査することで子宮頸がんの有無を判別します。
とても簡単な検査ですので、怖がらずに受診しましょう。
最近は女性医師による検診が受けられるクリニックも増えていますので、そういう施設を選べばより安心ですね。

子宮体がんについてもっと知る

子宮がんでは、子宮頸がんの罹患が多いですが、最近は子宮体がんの罹患者数も増えてきています。
通常の子宮がん検診では子宮頸がんの検査は行いますが、子宮体がんの検査までは行わないケースも多いです。

子宮体がんの原因

子宮頸がんが性行為によるHPV感染が主な原因だったのに対し、子宮体がんが増えてきた原因はおもにライフスタイルが欧米化(特に食生活)したことによると言われています。
子宮体がんは、卵巣から分泌されるエストロゲンという女性ホルモンが原因と考えられており、主な症状として性器からの不正出血が挙げられます。

子宮頸がんが20代〜30代に多く発症するのに対し、子宮体がんは30代後半から罹患者が増え始めます。
また、高血圧、肥満、糖尿病などとの関連も指摘されており、こうした症状がある方は検査を受けておいた方が良いでしょう。
また、出産経験のないない方や、乳がんなどとも関連があるとされていますので、こうした方も検査を受ける必要があります。
検査方法は、子宮頸がんの検査と同様に子宮体部に綿の付いた検査器具を挿入し粘膜をこするようにして採取します。
子宮体部は子宮の奥にあるため、子宮頸部の細胞採取に比べ高いリスクを伴いますので誰にでも受診をお勧めするものではありませんが、上述のような症状がある場合には躊躇せずに検査を受けましょう。

細胞診以外の検査

子宮がん検診は上述のように細胞診がメインではありますが、そのほかにもいくつかの検査方法があります。

経膣エコー検査

プローブ(接触子)を直接膣に挿入し、子宮や卵巣などの状態を超音波を用いて画像化します。
この検査のメリットは、痛みをほとんど伴わないこと、X線を用いないため被曝がないこと、子宮がんだけでなく卵巣がん、子宮筋腫、卵巣のう腫などの早期発見にも有用であることが挙げられます。
デメリットとしては、生理中には検査が出来ないことです。

骨盤膣MRI

MRIによって骨盤部(膣、膀胱、子宮、卵巣など)を画像化し、子宮がん、子宮筋腫、卵巣のう腫、卵巣がんなどの診断を行います。
画像による検査となりますので、痛みなどを伴うことはありませんが、何らかの異常が認められた場合には細胞診などを行いより詳細について調べる必要があります。
MRI検査の特徴として、CTのようにX線を用いないため被爆はありませんが、体内に金属ある場合には検査が出来ないこと、撮影に時間がかかること、検査中に騒音がすることなどが挙げられます。

まとめ

子宮がんは女性特有のがんであり、また発症例も決して少なくありません。
乳がん同様、若い世代から発症するケースも多いがんですので、是非とも積極的に検査を受けるようにしましょう。
以下に子宮頸がん、子宮体がんの検査を受ける目安を挙げておきますので参考にしてくださいね。

子宮頸がんの検査を受ける目安

子宮頸がん検査を受け始めたい年齢は、初めての性交渉から5年前後を目安としましょう。
最初の検査以降、年に一度のペースで定期的に検査を続けることで、ご自身の状態の変化を知ることが出来ます。
特に、妊娠・出産回数が多い方、HPVに感染している方は積極的に検査を受けることをオススメします。

子宮体がんの検査を受ける目安

子宮体がん検査を受け始める年齢は、概ね40代半ば、45歳前後になったら受けるようにしましょう。
特に異常が認められなければ、毎年受けなくても良いですが、数年に一度(3〜5年に一度)は受ける良いでしょう。
特に、出産歴がない、肥満、糖尿病、高血圧などの方、乳がん・大腸がんの家族歴がある方は、積極的に検査を受けることをオススメします。

子宮がん検診について詳しく説明してきました。
子宮がんは早期発見・早期治療で治すことの出来るがんと言えますので、是非とも検査を受けるようにしましょう。
人間ドックにオプションで追加して検査することも出来ますし、レディースドックや婦人科健診として乳がん検診も一緒に受けるのも良いかもしれません。
女性医師・スタッフが対応してくれるクリニックも数多くありますので、是非ともいろいろと探してみてくださいね。

子宮がん検診・婦人科健診を探してみる方はこちら

↓  ↓  ↓

 

 

【参考記事】
人間ドック予約サイト「ここカラダ」で実際に予約してみた!

 

ピックアップ記事

  1. 乳がん検診|30歳になったら必ず受けたいその理由とは?
  2. 知っておきたい脳ドックの検査内容について
  3. 全女性必見!子宮がん検診についてちゃんと知っていますか?
  4. 最新の全身がん検査「MR-PET」とは?
  5. 50歳を過ぎたら受けておきたい心臓ドック

関連記事

  1. 検査の種類

    がん早期発見の切り札「PET検査」って、こんなに凄い!

    PET検査は、早期がん発見にもっとも有効な検査方法のひとつといわれてい…

  2. 検査の種類

    意外と軽視されている「大腸がん検診」実際に受けてみて分かったこと

    日本人のがんによる死亡数が多いにもかかわらず、案外軽視されがちな大腸が…

  3. 検査の種類

    乳がん検診|30歳になったら必ず受けたいその理由とは?

    女性にとって、もっとも身近に感じるがんと言えば、乳がんでしょう。T…

  4. 検査の種類

    知っておきたい脳ドックの検査内容について

    日本人の三大死因。あなたも一度や二度は耳にしたことがある言葉ですよ…

  5. 検査の種類

    最新の全身がん検査「MR-PET」とは?

    人間ドックで早期のがんを発見することは、健康で楽しい人生を続ける上で非…

  6. 検査の種類

    人間ドックだけでは不十分?各種オプション検査の賢い選択方法

    40歳を過ぎたら人間ドックは定期的に受けておいた方が良い。なん…

都内のオススメ人間ドック

検査の種類

人間ドックの選び方

  1. 胃検診:バリウム、内視鏡、ABC検査、どれを選ぶべき?
  2. 人間ドック予約サイト「ここカラダ」で実際に予約してみた!
  3. 都内で心臓ドックを受けてみたいクリニック5選
  4. 【実際に受けてみた】人間ドック体験レポート!
  5. 脳ドックのオススメクリニックBEST5

スポンサードリンク

人間ドックの基礎知識

  1. 特選!都内のオススメ施設

    発展めざましい品川区で探す人間ドック3選
  2. 受診施設の選び方

    都内で心臓ドックを受けてみたいクリニック5選
  3. 人間ドックとは(基礎知識)

    人間ドックを受けると、何が分かるの?
  4. 特選!都内のオススメ施設

    歴史と伝統がいまも息づく街、中央区でオススメの人間ドック5選
  5. 検査の種類

    意外と軽視されている「大腸がん検診」実際に受けてみて分かったこと
PAGE TOP