特選!都内のオススメ施設

西東京の横綱、立川市で人間ドックを受けるならこのクリニック!

立川市といえば、東京都下、多摩エリアを代表する街です。
23区以外で有名なのは、なんといっても「住んでみたい街ランキング」で上位に君臨し続ける吉祥寺(武蔵野市)ですが、街の規模では立川も決して負けてはいません。
駅前には立川タカシマヤ、伊勢丹などの大規模百貨店や、ホテル、レストラン、映画館などの商業施設が集中しています。
また、多摩モノレールが南北に走り、交通アクセスもとても良いので最近では若い人を中心に人気の街になってきました。
そんな立川市でオススメしたい人間ドックを紹介していきます。

立川北口健診館

立川北口健診館をオススメする3つのポイント

立川北口健診館は、立川市曙町にある先進専門のクリニックです。
コチラのクリニックのオススメポイントは・・・

女性向けの検診コースが充実

立川北口健診館は、健診フロアが男女で完全に分かれています。
男性フロアが6階、女性フロアが9階です。
当然のことですがフロアごとに対応するスタッフ、検査コースも異なります。
特に女性向けのコースが豊富で、乳腺専門医が在籍し精度の高い検査・診断をするほか、子宮頸がんの検査に関しては従来の検査よりも精度が高い「液状検体細胞診」を導入するなど、女性にとっては嬉しいクリニックと言えます。
また、きめの細かいサポートにも定評があり、バリウム検査やマンモグラフィなど検査に苦痛を伴う可能性のある場合でも親身に対応してくれるため、安心して検査を受けられます。

土曜日も受診出来る

立川北口健診館の休診日は日曜祝日。
このため土曜日は平日同様に人間ドックを受けることが出来ます。
平日忙しく、なかなか休みが取れないあなたにとって、これはすごくありがたいことですよね。

各種クレジットカードを利用可能

立川北口健診館では、人間ドックの費用の支払いは各種クレジットカードが使えます。
VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS/DC/三菱UFJニコス/デビットカードが使えますので、よほど特殊なカード出ない限り、お持ちのカードが使えないという不便はほぼないでしょう。

立川北口健診館のイマイチポイント

これは立川北口健診館の責任とは言えないのですが、入っているビルの入り口付近に灰皿があり、ここに喫煙者がたくさん集まりたばこを吸っているため、非喫煙者にはちょっと厳しいかもしれません・・・
入居テナントとして、ビル管理者に対し喫煙場所の移動など非喫煙者への配慮をお願いする等の対応に期待したいところです。

立川北口健診館の検査コース詳細はコチラ

立川中央病院附属健康クリニック

立川中央病院附属健康クリニックをオススメする3つのポイント

立川中央病院附属健康クリニックは立川市柴崎町にある立川中央病院系列の健診施設です。
JR立川駅南口から徒歩5分ほどの立川中央病院附属健康クリニックをオススメするポイントとは?

土曜日も受診可能

立川中央病院附属健康クリニックの休診日は日曜祝日と年末年始。
土曜日は通常の平日と同様に検査を受けることが出来ますので、忙しいあなたにはもってこいのクリニックと言えます。
半日コースならお昼までには検査が終了しますので、検査後に食事を取ってショッピングを楽しむもよし、お気に入りの映画を見るもよし、大事な休日を潰さずに済みます。

心温まるサポート

立川中央病院附属健康クリニックでは人間ドックのあとにコーヒーを出しています。
検査お疲れ様でした、というクリニック側の心遣いですが、この「ちょっとした」おもてなしがこの上なくリラックスできますよね。
未来永劫このサービスが続く保証はありませんが、こうしたおもてなしは是非とも続けてほしいものです。

異常があった場合、立川中央病院にスムーズに連携

立川中央病院附属健康クリニックはその名の通り立川中央病院の附属の健診クリニックですから、検査の結果なにか異常が認められた場合には立川中央病院の各種診療科へとスムーズに移行することが出来ます。
また、状況によって提携の大学病院への紹介も可能です。

立川中央病院附属健康クリニックのイマイチポイント

立川中央病院附属健康クリニックのイマイチなポイントは、検査後の結果説明に検査画像を使用しないことです。
検査直後であり、準備の関係等もあるかと思いますが、結果の数値だけで説明するよりは画像も一緒に見ながら説明を聞く方が、受診者も理解しやすいのは事実。
後日の面談等では希望すれば画像を用いた説明に応じてくれるようですので、画像を見ながらの説明を聞きたい方は後日面談を利用すると良いでしょう。

立川中央病院附属健康クリニックの検査コース詳細はコチラ

リボーンレディースクリニック

リボーンレディースクリニックをオススメする3つのポイント

リボーンレディースクリニックは立川市曙町にある婦人科専門のクリニックです。
リボーンレディースクリニックの、婦人科ならではのオススメポイントを紹介します。

女性専用の検査コースが豊富に揃う

リボーンレディースクリニックの人間ドックは、そのほとんどに花の名前が付いています。
初めての方向けの「さくらコース」、20代〜30代向けのレディースドックは「ひまわりコース」、40代〜50代向けのレディースコースは「シクラメンコース」、乳がん、子宮がんをメインにしたミニドックは「コスモスコース」などなど、なんとなく和んだ気分になりますよね。
また、結婚を控えた方向けのブライダルチェック「ホワイトローズコース」も人気です。

事前相談により子供連れでも検査OK

リボーンレディースクリニックには託児付きのコースもあります。
託児付きのコースなら、子供を預けるのが難しい場合でも、子連れで人間ドックを受けることが出来ます。
女性専門のクリニックらしい、とてもありがたいサービスですよね。

好アクセス

リボーンレディースクリニックは立川駅北口から徒歩3分。
加えて曙橋交差点に面した場所でとても分かりやすいので、行くのに迷うことはないでしょう。

リボーンレディースクリニックのここがイマイチ

駅前ではないまでも、駅にほど近い場所ということもあり、またビルに入ったクリニックでもあるため、駐車場がありません。
それでも近隣に時間貸しのパーキングも多くあるので、もし車で行く場合にはそうした有料駐車場を利用するようにしましょう。

★リボーンレディースクリニック 所在地情報★
東京都立川市曙町2−10−1
ふどうやビル4F

まとめ

立川は、東京の一都市というよりも、その発展の仕方は仙台や札幌などの地方都市に近いものを感じます。
都市に必要なものはほぼすべて揃っており、立川だけであらゆることが完結できる街です。
そうした街で愛され続けているクリニックは、女性にもやさしい、きめ細やかなサポートが自慢のところがなぜか多かったです。
これも立川という街の魅力の一部と言えるかもしれません。

立川市の人間ドックをもっと調べてみる

↓  ↓  ↓

 

【参考記事】
人間ドック予約サイト「ここカラダ」で実際に予約してみた!

 

ピックアップ記事

  1. 最新の全身がん検査「MR-PET」とは?
  2. 知っておきたい脳ドックの検査内容について
  3. 積極的に受けたい「肺がん検診」の検査内容とは?
  4. 50歳を過ぎたら受けておきたい心臓ドック
  5. 乳がん検診|30歳になったら必ず受けたいその理由とは?

関連記事

  1. 特選!都内のオススメ施設

    発展めざましい品川区で探す人間ドック3選

    いまや東海道新幹線も止まる、都内でも有数のビジネス街、品川。で…

  2. 特選!都内のオススメ施設

    北区で受けてみたいオススメの人間ドック3選

    北区は読んで字のごとく、東京23区の北にあります。赤羽、王子、田端…

  3. 特選!都内のオススメ施設

    中野区/練馬区で人間ドックを受けるならココでしょう!

    中野区、練馬区はいずれも山手線の西側に位置するエリア。中野と言えば…

  4. 特選!都内のオススメ施設

    杉並区で探す女性にやさしい人間ドックBEST3

    杉並区は、東京23区の西端に位置するエリアです。JR中央線の高円寺…

  5. 特選!都内のオススメ施設

    新宿区で受けてみたいオススメの人間ドック5選

    あなたは新宿区と聞いて、どんなイメージをお持ちでしょうか。超高層ビ…

  6. 特選!都内のオススメ施設

    八王子で受診する人間ドック3選

    八王子といえば、東京の西部にある大都市です。東京都で2番目に大きな…

都内のオススメ人間ドック

検査の種類

人間ドックの選び方

  1. 胃検診:バリウム、内視鏡、ABC検査、どれを選ぶべき?
  2. 脳ドックのオススメクリニックBEST5
  3. 人間ドック予約サイト「ここカラダ」で実際に予約してみた!
  4. 都内で心臓ドックを受けてみたいクリニック5選
  5. 【実際に受けてみた】人間ドック体験レポート!

スポンサードリンク

人間ドックの基礎知識

  1. 特選!都内のオススメ施設

    八王子で受診する人間ドック3選
  2. 受診施設の選び方

    都内で心臓ドックを受けてみたいクリニック5選
  3. 特選!都内のオススメ施設

    新宿区で受けてみたいオススメの人間ドック5選
  4. 受診施設の選び方

    【実際に受けてみた】人間ドック体験レポート!
  5. 検査の種類

    乳がん検診|30歳になったら必ず受けたいその理由とは?
PAGE TOP